« 第0回 「超快速勉強法」リニューアル-コツコツ勉強するのはやめなさい- | トップページ | 第2回 継続できない「勉強法」には意味がない »

2011年10月 6日 (木)

第1回 確実に結果につながる「勉強法」があった!

第1回は、「確実に結果につながる「勉強法」があった!」です。

今回より「超快速勉強法」の本篇がスタートします。

podcastでは書籍よりもより深い内容を聞けるので、
勉強の「実践」を助けます。

是非ダウンロードして聞いてみてください!

---

KEN46からのお知らせ①

ポッドキャスト番組「超快速勉強法」は配信元の都合により再登録をして頂かないと、
9月末で配信がストップしています。

以下のバナーより再登録をお願いします。

超快速勉強法


KEN46からのお知らせ②


庵谷、安田による著書『超快速勉強法』は発売になったばかりです。

amazonでは総合54位にランクインし、産経新聞、日経新聞にも広告を
掲載していただきました。また、増刷もされています。
これも皆様の応援のおかげです!ありがとうございました!

facebookページができました!
こちらでも情報を随時アップデートしていくので、ぜひ下の「いいね!」ボタンを押してください!

この勉強法は本来の勉強時間を約半分、勉強期間を3分の1から4分の1に短縮して合格を目指すようなイメージの勉強法です。書籍を読んで、超快速勉強法を実践しましょう!

また、『超快速勉強法』など、資格試験などの勉強に役立つ最新情報を配信します。こちらは、右サイドバーのKEN46ニュース配信登録にメールアドレスをご登録ください。


KEN46からのお知らせ③

「超快速勉強法」と兄弟番組はPodcast Award 2011に参加します。
ここでノミネートされるためには、皆様の応援が不可欠です。

お手数ですが、10月末までに、ぜひ以下のバナーより登録をお願いします。

最新情報をお伝えする公式twitterアカウントも開設していますので、興味のある方はぜひフォローしてみて下さい。庵谷のアカウントは「ioritani」、46のアカウントは「46s」です。こちらもフォローしてみてください。

Followusontwitter

---

「kaiben001.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

確実に結果につながる「勉強法」があった!~今日の内容~

公式参考書のコツコツできない人でも短期間でスイスイ受かる! 超快速勉強法
16ページをご覧ください!

「あなたには取りたい資格や、身につけたいスキルはありますか?」
このような質問を投げかけたら、ほとんどの人が「はい」と答えるはずです。
あなたの頭にも、あこがれの資格やスキルがパッと浮かんだと思います。
前々から「できれば身につけたいな」と思っていたものです。
それでは、それらを身につけた自分を、強くイメージしてみてください。

今回お話した内容は以下の通りです。
書籍を用意し、podcastを聞いてみましょう。


・庵谷と安田の最初にとった資格と最初の勉強の勉強期間と苦労した点

→期間、時間を区切ることの重要性
→最初に軽いものに挑戦することで成功体験を作る


・突出した頭脳を持っていなくても、コツコツ努力を積み重ねることが苦手でも、
短期間でスイスイ目標を実現できるのか?


→庵谷と安田の実際

---

KEN46がお送りさせていただきました。

まだ番組の再登録を行っていらっしゃらない方は、
9月末には配信がストップしてしまいますので、
お手数ですが早急に再登録をお願いいたします!

それでは、今後とも末長くよろしくお願いいたします!!!

|

« 第0回 「超快速勉強法」リニューアル-コツコツ勉強するのはやめなさい- | トップページ | 第2回 継続できない「勉強法」には意味がない »

まえがき・序章」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1374042/42046715

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回 確実に結果につながる「勉強法」があった!:

« 第0回 「超快速勉強法」リニューアル-コツコツ勉強するのはやめなさい- | トップページ | 第2回 継続できない「勉強法」には意味がない »